歯並びをチェックしてもらおう

>

注意点を守って矯正しよう

注意する食品を知ろう

気をつけることは、固い食品は避けることです。
おせんべいやキャンディーといったお菓子から、根菜といった野菜まで、固い食品は避けてください。
根菜は火を通すと、柔らかくなります。
その状態なら食べても問題はありません。
矯正中に固いものを食べると、歯が変な方向に曲がってしまうことがあるので、必ず守ってください。

またガムなどの粘着性が高い食品が矯正器具につくと、壊れる危険性があります。
なるべく食べないよう意識してください。
それ以外は気にする必要はないので、普段通りの食事をしてください。
従来よりも、食事の制限が減ったという部分が嬉しいですね。
従来は刺激物なども避けた方がいいといわれましたが、今の矯正器具なら問題ありません。

綺麗に歯を磨く習慣

スキマに歯石や歯垢が溜まりやすくなります。
放っておくと口臭や虫歯の原因になるので、きちんと歯を磨いてください。
食事をした後に歯を磨く習慣があれば、そのようなトラブルを回避できます。
磨いたつもりにならないよう、気をつけてください。
磨き方が間違ったり雑だと、歯石や歯垢をすべて落とすことはできません。
矯正器具をつけていると、いつもより磨きにくいです。

しっかり鏡を見て、歯の磨き残しがないかチェックしましょう。
治療中は定期的に、検診を受けると思います。
その時に歯石や歯垢が溜まっていないか、歯医者に見てもらうのもいいですね。
歯石や歯垢が多いと言われたら、きちんと歯を磨けていないということになります。
もっと集中して磨いてください。


この記事をシェアする