矯正歯科治療はここまで変わった!

歯並びをチェックしてもらおう

矯正する際の流れを知っておこう

痛いことが嫌いで、歯並びが気になっていても矯正しないまま過ごしてきた人がいると思います。 しかし最近の治療法なら、道具を装着する際に痛みを感じません。 ですから、気になっているなら歯医者へ行って相談してください。 歯並びが悪いと見た目が悪いですし、病気になりやすいです。

矯正器具を装着する方法

最も多い方法は、歯に矯正器具を装着する方法になります。 複数の種類があるので、まずは歯並びを歯医者に見てもらいましょう。 そして最もふさわしい矯正器具を選択してもらい、装着する流れです。 早く診察は終わるので、時間がない人も何とか空いている時間を見つけてください。

注意点を守って矯正しよう

矯正器具をつけていても、普通に食事をすることはできます。 流動食などにする必要はないので、好きなものを食べてください。 しかし矯正治療中は避けるべきものがあるので、事前に確認してください。 決まりを破ると、歯並びを綺麗に改善できなくなってしまいます。

これまでよりも快適に治療できる

歯科矯正をする際は、歯に専用の道具を装着します。
しばらく装着したままの状態で過ごすことで、次第に歯並びが綺麗になります。
道具を装着する時に痛みを感じるので、矯正を避けていた人がいるでしょう。
以前が確かに痛みを感じたので、辛い治療だと言われていました。
しかし医学が進歩したので、方法も道具も変わっています。
痛みを感じないで矯正ができるので、歯並びに悩んでいる人はこの機会に矯正してください。

道具を装着するだけで、基本的な処置は終わります。
ですから診察自体は早く終わるでしょう。
しかし道具をつけていても、最初の頃は歯が元の形に戻ろうとするので、道具の位置がずれることが多いです。
ですから1か月に1回ぐらいの頻度で歯医者へ行って、道具が正しい位置についているのかチェックしてもらってください。
問題がなければ、早く帰れます。
成長期の子供の場合は、一通り矯正が終わったあとも診察を受けて、歯並びに異常がないか見てもらった方がいいでしょう。

矯正している間も、普通に食事ができるので安心してください。
歯に道具がついているので、最初は違和感を抱くかもしれません。
しかしその状態で生活していれば慣れます。
また道具と歯の間に、食べ物が詰まりやすいと言われています。
歯磨きを怠ると、すぐに虫歯になるので注意してください。
いつもより、丁寧に歯磨きをすれば病気になることはありません。
医師からも注意を言われるので、正しい歯磨きの方法を聞きましょう。